最新ニュース – 小芝風花 14歳で芸能界入りする前に打ち込んでいた事は「芸能界入んなかったらそっちの道だったんじゃ」

最新ニュース – 小芝風花 14歳で芸能界入りする前に打ち込んでいた事は「芸能界入んなかったらそっちの道だったんじゃ」
Copyrighted music by web: www.ntmediastudio.com and Channel: https://www.youtube.com/channel/UCIZ8_Xpxgn_lONAp32IEJqA

女優の小芝風花(25)が11日放送の日本テレビ「アナザースカイ」(金曜後11・00)にゲスト出演。かつて打ち込んでいたことや、なりたかった職業を明かした。
小芝はVTRでは16歳で主演を務めた映画「魔女の宅急便」の撮影で1カ月滞在した小豆島へ。レンタル自転車に乗りながら、「ジムに行って鍛えた脚力で。ちょっと最近、美意識が上がってます」と語った。
運動については「昔スポーツやってたんです。フィギュアスケートをずっと習ってて。ほぼ毎日練習に行って」と告白。「最初は“オリンピックに出たい!”と思ってたんですけど、自分の実力ってやっぱ分かってくるじゃないですか。で、コーチになりたくて途中からは。妹が少しだけスケートを習った時期があって。妹に教えたりとかしてたのが凄い楽しくて」と説明した。14歳で芸能界に入ったが「だから芸能界入んなかったら、たぶんそっちの道だったんじゃないかなと思います」と振り返っていた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)