暴露!芸能界の闇○○【みんなで育てる青汁きになるきりぬ木】

メインチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCJFzpJDW1yyaCBUZxmAz-3g

サブチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCzj-di9DoNiL9ktZPtn5k3g

twitter

Instagram
https://www.instagram.com/yuta_misaki/

【青汁王子おすすめ書籍】
「時を稼ぐ男 新時代の時間とお金の法則」(三崎優太 著)

「過去は変えられる」(三崎優太 著)

青汁王子とは、三崎 優太(みさき ゆうた、1989年3月29日[1] -)は、日本の実業家、YouTuber、タレント。

北海道北見市出身[2]。クラーク記念国際高等学校卒業。株式会社メディアハーツ(現:ファビウス株式会社)創業者。現在は、株式会社みさきホールディングスの代表取締役。

2014年以降、青汁のネット通販が爆発的にヒットして「若手イケメン社長」としてマスコミなどに注目されたことから、ネット上などでは、青汁王子の名で知られる。

生い立ちは、北海道札幌市生まれ。北見市で育つ。物心ついた頃は札幌で暮らしていたが、父親の仕事の都合で遠く離れた北見市へと引っ越す。

高校生でアフィリエイターに両親に「札幌の高校に通いたい」と告白して、札幌の高校に通うことになる。しかし、わずか三か月の間に2度の停学を受けて、3度目の処分として最終的に退学になってしまう。

その後、留年せずに途中入学できる高校に編入する。そこは退学者や落ちこぼれが集まる学校で、物欲が刺激されてアルバイトの面接を受けるが、不採用ばかりであったという。次第に学校をさぼるようになり、高校二年の中盤にはほとんど学校に行かなくなり、二度目の退学になってしまう。

通信制のクラーク記念国際高等学校時代、さらに生活は荒れてパチスロで当てた三崎はパソコンを購入して、ゲーム系のサイト制作をしていた。そのサイト上でアフィリエイトを始めたところ、すぐに利益が月10万円になったことから、仲間を増やしながらアフィリエイト用サイトを増やしていき、最終的には月収400万円を稼いでいた。

しかし、仲間だった同級生とはかなり温度差があり、三崎のアフィリエイト組織は崩壊寸前になってしまったという。また、税金を支払うことを知らず、税理士に相談したところ税金対策のために会社設立を薦められる。

IT企業の成功と失敗
2007年11月22日、株式会社メディアハーツ(現ファビウス)を起業して、高校卒業後はどこにも就職せず、自身の会社でアフィリエイト事業や携帯電話コンテンツの制作などを行っていた[5]。アフィリエイトを始めるきっかけになった人物からの勧誘により、東京の某企業の子会社となり上京することになる。

しかし、高卒で社会経験などなく最低限の常識などもなかったことから、子会社として働くを止めて恩師の社長から離れて、独立して会社経営をすることになる。

年商は1億円を超えて経営は順調であった反面で、社員の一人が社内情報を他社に売却しようとしていることが判明するなど、仕事関係での裏切りなどがあったことから、2010年に株式会社メディアハーツは休眠していったん会社経営から遠ざかる。

株式トレーダーとして活動
この頃、ビジュアル系アーティストになりアマチュアバンドとして活動をするが、まったく芽が出なかったという。

その後、一人で引きこもってFXを行っていた。あまりにFXで儲け過ぎたため、証券会社に注文を受け付けてもらえなくなり、株式投資に移行した。この頃のFXや株式投資の経験が、金融や経済の知識を学ぶ土台となり、後にビジネスや投資をしていく上で貴重なスキルになったと語っている。

24歳の春、ファンド会社に合計1億3000万円を渡したところ、騙されて持ち逃げされてしまう。当時は25歳になったら、もう一度ビジネスをしようと思っていたという。

青汁のネット通販で成功
2014年、美容通信販売事業を開始。1年目8億円、2年目18億円、3年目130億円……と圧倒的な売上を記録していく。自身がやっているアフィリエイト事業により、広告費をかけずに宣伝できたことが大きな武器になったという。

2017年、「すっきりフルーツ青汁」を2017年10月23日時点で累計1億3,000万本[6]販売し、17年9月期の通販売上高は前期比539%増の131億円[7]と増収率ランキング1位[8]となる。主力商品にちなみ「青汁王子」として呼称され、メディアへの露出が多くなる。

2019年2月に、法人税法違反で逮捕される。

SNSの青汁劇場で話題に2019年3月、保釈後はTwitterなどを通じ、「青汁劇場」と称した投稿を多数に行う。焼き鳥屋に転身したり、彼女にフラれた一部始終の様子を公開する等をして反響を呼んだ。

2019年8月15日、ホストに転身を表明。8月19日~31日の間に指名212組、約8,200万円を売り上げ“業界史上最高記録”を打ち立てた。一連の青汁劇場については、基本的に「フィクション」であり番組上のネタであるという。

また、自分の訴えを収録した「青汁劇場〜報復編〜」という動画を公開。動画の中では、マルサが強制調査に入った際の国税庁長官が佐川宣寿であり、森友事件について忘れないでほしいと訴えた。

2019年秋、ツイッター上で第49回衆議院議員総選挙にNHKから国民を守る党公認候補として立候補を表明した。しかし、三崎のツイッターで「脱税したとされている1億8000万円を日本の未来のために贖罪寄付します。1人につき100万円を180名様に現金で寄付します」と発表。その際、一般人も多数当選した為、公職選挙法に反する可能性もあり、それがネックになることから、立花孝志による出馬要請を取り消された。後に、本人曰く「今は政治に興味はなく、政治家になるつもりはない」との発言をしている。

YouTuberとして活動開始
2020年2月、YouTuberとしての活動も開始。様々なYouTuberやビジネスの成功者たちとコラボや対談をしたり、自身の成功体験や金持ちになる方法などを語るなど、多くのファンを獲得する。 

その後、YouTubeだけの活動に留まらず地上波のCMに出演する等、実業家としてだけではなくタレントとしても幅広く活躍する。

#青汁王子  #切り抜き #青汁 #青汁王子切り抜き #aojiru #kirinuki

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)