世界初のパスタ自動調理ロボット

1食約45秒でパスタを提供することが可能な自動調理ロボットが27日、東京都内で報道陣にお披露目された。麺を茹で、調理し、使用した鍋の洗浄を自動で行う世界初のロボットで、30日に開店する飲食店「エビノスパゲッティ」が導入した。高温調理で麺の食感を損ねることなく、熟練の調理技術が再現可能だという。

映像素材の購入については時事通信フォトへお問い合わせください https://www.jijiphoto.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)