バレンタイン商戦 物価高対策に工夫 2023年のトレンドは | ニュース 2023年1月7日 | FT NEWS

今日の最新ニュース
早くもバレンタインデーに向けた百貨店の商戦がスタートしたが、甘いチョコにも厳しい値上げの波が押し寄せている。

松屋銀座が、取引先のチョコレート業者に聞き取り調査したところ、9割近くが「2022年と同じ商品を作れば値上げになる」と回答した。

そのため、材料の輸送ルートを、費用が安い船便に変えたり、円安の影響を受けない国産素材を使うなど、価格を抑える対応を取ったという。

高島屋でも、チョコに入れるナッツを安く入手できる、中東・レバノンで作られたチョコレートを初めて取り扱うなど、物価高に対応している。

一方で、2023年は3年ぶりに行動制限がないため、各百貨店では店舗に客足が戻ると予想して、イートインも充実させてバレンタインを盛り上げる。

松屋銀座では、バー専用のチョコレートとバーテンダー考案のお酒とのマリアージュを、高島屋新宿店では、ここでしか食べられない「ピエールマルコリーニ」のアフタヌーンティーセットを楽しむことができる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)